5.輸入・輸出業


海外で日本の美味しい食材が安価に手に入る!
海外から大量輸入も可能です。


輸送コストの高い航空輸送や、時間のかかる船便では冷凍物は一般的に難しいですが、急速冷凍では、高品質のまま長期保管できますので、船便で鮮度を維持したまま安価に輸送することができます。海外では手に入りにくい日本の高鮮度の食材を持ち込むことができますし、また、海外で大量生産した生鮮品を日本に輸入することも可能となります。

海外の日本食店で、日本と変わらない味を提供することができます。

現状の課題

 海外で日本食の店が増えていますが、現地では手に入りづらい食材や、手に入るけれども高値で取引されている食材があります。
 また、現地のスタッフに調理方法を教えなければならないので、同じ味を提供することが困難です。


日本食材

 急速冷凍することで、品質や味を変えずに長期間保存することができるので、日本で生産された食材を輸送して現地で使うことができます。野菜や魚介類は、収穫できる地域や漁獲できる地域が限られているので、海外では手に入りづらい食材や、高値になってしまう食材がたくさんあります。食材や調味料を揃えることができれば、日本で作る味と変わらない味の料理を提供することができます。

食材だけでなく、調理した食品を冷凍保存することもできます。調理方法が難しい料理や、海外とは味付けが異なる料理があり、それらを教えることは時間と労力がかかります。現地での調理を省き、日本で調理した食品を解凍して温めるだけで、作りたての味を再現することができます。

安全で美味しい寿司・刺身を海外で提供することができます。

現状の課題

健康食志向などにより、欧米だけでなくアジア各国において、寿司や刺身を食べる人が増えています。しかし、生の魚介類は品質管理が難しく、海外に輸送する際に鮮度が落ちてしまいます。


海外での日本食

魚介類を急速冷凍して輸出することで、安全で美味しい刺身や寿司を海外においても提供するができます。生で食べることができる鮮度を長期間保つので、高品質な魚介類を提供することができます。菌の繁殖を防ぎ徹底した衛生管理ができるので、距離の離れた場所へも輸送することができます。

現地に到着後そのまま冷凍保存することができるので、飲食店では余ることなく使いきることができます。必要に応じて解凍し、様々な用途に合わせて使うことができます。スーパーでは賞味期限が迫った食品は廃棄されてしまいますが、急速冷凍した食品は鮮度を保持することができ賞味期限を延ばすことができるので、廃棄ロスを最小限に留めることができます。

食品・加工メーカー
 業務の効率化と生産時期の平準化を可能にします。


Produced by(株)グルメ市場