7.飲食店・レストラン



廃棄ロスを削減し、食材を長期保管。
多店舗展開も可能に!


飲食店・レストランの成功事例

仕入れた食材を急速冷凍で長期保管できるため、廃棄ロスを削減。安い時期に仕入れることでコストの平準化も出来ます。まとめて調理することで人件費が抑えられ、統一した味を可能にすることで多店舗展開も可能になります。


メリット@
飲食店では廃棄ロスをなくし、調理時間を短縮することができます。

現状の課題

 一回一回調理すると、半端になる食品や余ってしまう食品が出てきます。また、注文を受けてから調理を始めると時間がかかるため、お客様を待たす時間が長くなります。

作り置き

 急速冷凍することで一度に大量に調理して作り置きすることができるので、食品を無駄なく使いきることができ、廃棄ロスを最低限に抑えることができます。
 また、空いている時間を有効に使い下処理や調理をまとめて行うことで、作業効率を上げることが可能。注文が入る前に、ある程度調理しておくことができるので、料理提供がスムーズになります。

 例えばイタリア料理店では、冷凍保存しておいたパスタソースを解凍して使うことで、調理時間を短縮することができます。
 また、焼き上げたパンを急速冷凍しておき、必要時にオーブンで温め直すことで、焼きたての風味や味を再現することができます。
 その都度使うことができるので余ることがなく、廃棄ロスを出しません。


メリットA
チェーンの飲食店では、一ヶ所でまとめて調理することで人件費や高熱費を抑えることができます。

現状の課題

店舗ごとに調理することで、各店舗に必要な人数が多くなり人件費がかかります。また、電気・ガスなどの高熱費も余分にかかり、食品が余ればロスが生じてしまいます。



食品ロス

 一つの場所でまとめて調理したものを急速冷凍し、それぞれの店舗へ流通させることで、各店舗に必要なスタッフの人数を削減することができます。
 まとめて調理することで、ガスや電気の使用を減らすことができるので光熱費を抑え、食品ロスを少なくすることができます。
 人件費や高熱費だけでなく、店舗によっては大がかりな設備が必要ないので、設備費も抑えることができます。

 また、店舗ごとに調理すると店によって味に差が出てしまいますが、まとめて調理することでどこの店舗においても同じ味の料理を提供することができます。
 急速冷凍した調理品は、解凍して温めるだけで作りたての味を再現することができるので、特別なスキルが必要ありません。
Produced by(株)グルメ市場